2022年9月25日日曜日

現状

やっと2階天井が終わりました。
壁は下地のみで工具類が使えるようになれば仕上げていきたいと思います。
まだ仕上げ方法も決めてないですしね。

↓危なかった窓を枠補強し仕上げました。
4個丸窓かな?と思っていたんですけど、、、窓の再利用をしました。
この方が明るいでしょう。
船窓まどを取り付けたので外の空気も取り込めます。

床は今取付中で1階の余った床板を使っています。


↓その1階はこんな状況です。まだまだです。
1階に来つつあるので次が野菜市のラスト開催となりそうです。
店舗周辺面白い所も多く、落ち着いたら裏京都迷所的マップでも作ろうかと思います。

では。

2022年9月13日火曜日

新事業レンタサイクル始めました。


 スペースがあり金閣寺~嵐山間ということでレンタサイクルを始めてみました。

雨天時などはご利用できない場合もあると思いキャンセル可能のご予約と当日貸出しとしました。

ただいまプレオープン価格で受付中です。

ニーズがあれば台数なども増やしていきたいと思います。

では!

2022年7月26日火曜日

野菜市のお知らせ

 先日友人のカフェで野菜を売っている農家の方がウチの軒先でも…という事で野菜市を行いました。

平日の14時で人もあんまりいないかもって思っていたら、、、やり始めると盛況で予定2時間位だったのですが1時間位でほぼ売り切れとなりました。

 小学生の帰宅とも重なり(お客さんにはなりませんが)店先が賑やかになりました。

自分は2階で作業していたんですけどねー。


次回は土曜日、7月30日に行います。

夏野菜が結構とれていると思いますので定番化するかもですね。

では。




2022年7月1日金曜日

2か所、窓が付きました。

2F天井から壁、床と仕上げていこうと思ったのですが、ある程度壁が決まっていないと天井も組めないことが分かりまして。その段取りの一つ、窓取付です。

↑3色カラー裏手の空間ですが、窓がなく真っ暗でしたが、羽目殺しの窓を付けました。↓


隣との関係もありココがギリギリ取れる所でした。

露出の関係で暗いですが、だいぶマシになりました。ココは材料置き場的な使い道の空間になるでしょうけど…。


↓ベランダへの出入り口上部壁抜いてから、ちょっと撮っておこうと思いまして、骨組み状態です。

↓そこに2重窓を取り付けまして完成としました。


 もう一か所、階段上にも2重窓を取り付け予定です。


反対側の西日がエグイので締め切って暗くなるでしょうし、東向き窓で明かり取ってる感じですね。


このペースだと実店舗オープンはリアルに来年になりそうです。

では。

2022年6月2日木曜日

現場状況

天井が無くなり屋根下が現れてきました。そこに下地板を吊っている所です。
何もせず天井はこのままでもいいんですけど…空調対策と見た目やっぱりなんかしたくて、、断熱材と板で覆います。
試しに端っこの方設置してみたら大丈夫そうでした。
天井板の製作状況です。何回か色を塗って削って剥がしてFRP樹脂を塗って素材仕上がりとしています。


上部土壁部分は天井を貼る前に仕上げといた方が良さそうなので漆喰塗ります。土がモロモロ落ちてくるんで。


現場に着いたときスクーター止めてウチ見上げてたおじいさんがいて、ちょっと話聞いてみたら、、、昔この近辺に住んでて懐かしくて来てみたとの事。子供のころにこの店にも来ていて名前が何だったか思い出そうとしてたのでかすれた表札のお名前を告げました。

他にも子供のころよく来ていた…とのお話をよく伺いますね。

思い出ぶっ壊してます。
では。


 

2022年5月8日日曜日

解体

前回の床下の謎ですが、、石と漬物重しでした。普通でしたね、すみません。
鍵は謎のままですが、隠し部屋は無さそうです。地下への下り口、、もないでしょう。

前店舗荷物の運び出しを行いつつ、新店舗解体もしております。

解体現場は物凄い土ホコリが舞います。
ちょっと作業したらすぐほこりが舞いますので収まるまで少し離れたところの作業したり、一階に退避したりと数十回繰り返します。

 昔の瓦屋根の下地の土が自然に落ちてきたり、スレート瓦に変えた時などに落ちてきて天井裏にたまってた分だと思います。
 間仕切り部分の壁などはリアルに全部落ちるんで量もハンパないです。
こちらは竹で組んで藁を繋ぎにした昔の土壁です。

短い時間の作業ですがダイナミックに進んでいくので、みるみる景色が変わり開放的になっていきます。

天井裏を小屋裏というのですが、その一部分が隣の物件と小屋裏でつながっていましたね。壁でふさぎます。
 押し入れもいらないので撤去するんですがこの時の幕下壁がまた大量のサンドスモークが…

1階に事務作業場を設定したのでそちらで午前中作業したり休憩したりするんですが、気になるのか小学生が学校帰りにちょいちょい顔出してきますね。

では。
 

2022年4月24日日曜日

新店舗の謎

既に告知済みですが新店舗はすでに決まっていまして、築年数不明のボロ京町屋なのです。
 小学校が近く元文房具や駄菓子屋などを親子2代に渡り物件を借り受けて営業されていたとのとでした。

普通新店舗に入るときコレが…こうなりました!的な事を行うかと思うのですが、
私自身そのつもりでしたが、上記タイトルのような事態でして、、
一階板間に節穴がありちょっと指引っかけて床下を見たら…カラービニール袋が2,3個転がってるんですね…。コレなんですかね?
骨か小判か漬物か?しかないですよね?

だけじゃないんです。
下のカギ。
不動産屋さんがいうにはこの鍵は一緒になってるけど分からないんですよね、どこに使うか。一応渡しておきます…へッへッ。との事。
結構使い込まれていますが…なんですかね?コレ。
隠し部屋しかないと思うのですが?


あと2階の窓開けたら外に落ちそうになったんですよ、窓が。金具で固定しておきましたが、外歩道なんで超危険。

床も膨らんでたり凹んでたりで先は長そうです。

これから始まるリフォーム仕事商品とは関係ないので此処で紹介しても意味ないような気もしますが、、、他のどこかではご紹介していければとは考えています。

で…は…