2017年4月18日火曜日

和装バッグの内張修理例

 ブログではあまり修理品のご紹介はしませんが、久しぶりに和装鞄の重い修理作業が来ましたのでご紹介いたします。
下画像の様に外は問題ないのに内側がモロモロのネチャネチャになった部分の交換です。

忘れておりましたが、和装鞄で良くある縫い目があるけど表と裏が縫われていない、貼り付けただけの箇所が多くありました。毎度こんなんで良く今まで剥がれないで持つなーとは思います(1か所剥がれておりましたが)。
裏がこうなったら使用回数もなく剥がれる要素もないか、、、。
実使用では私ボンドのみ仕上げをあまり信用していませんので、縫えるところは縫い合わせて固定しました。
このマチなんか複雑でよく考えられているのにこの貼付け仕上げがどうも気に入らない・・・。

この裏ダメージのご依頼、「数十年前の鞄ですけど・・・」「母からもらった・・・」などなど結構ありますが、お見積り後のご依頼は半々位ですね。買った方が・・・的な話になりがちです。

では!



0 件のコメント:

コメントを投稿

お気軽にコメントお願いします!
「私はロボットではありません」にもチェックして投稿お願いいたします!

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。